×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


クリックするとジャンプします。

ヘイブントルーパー/ラフィング・オクトパス/レイジング・レイブン/クライング・ウルフ/
ヴァンプ/メタルギアRAY/スクリーミング・マンティス/リキッド・オセロット/




  

アヴェント・パレスの廃ビルにてメリル達と合流後、多数のヘイブン・トルーパーが突入してくる。
操作に不慣れでもラット部隊が援護してくれるのでさほど難しくない。
ヘイブン・トルーパーは「カエル」の異名に恥じず動きが素早いので、肩越し視点を使って落ち着いて攻撃をしよう。体をさらけ出していると多数のカエルから集中砲火を浴びるので、遮蔽物を上手く利用して戦うこと。
メリル部隊に追従していると迷子になる心配はない。



 

BB部隊は皆威圧感のある姿だが、攻撃パターンを読んで落ち着いて対処すれば決して強い相手ではない。

主な攻撃パターン
浮遊爆弾:黒煙幕を吐いた後誘導性の浮遊爆弾を発射する。追尾性が高く近くにいると高確率で被弾するので、距離を置いてオートエイム、又は肩越しで撃ち落そう。

ローリングアタック:体を丸めて猛スピードで突進してくる。追尾性が高く速度も速いため普通に回避するのは困難なので、箱の上やベッドの上に登ってやり過ごす。

触手:触手による打撃や電撃を繰り出す。触手を振り上げたら距離を置いて回避する。

オクトパスの外装具はスネークと同じオクトカム機能を有しており、黒煙幕を吐いた後様々なものに擬態して姿をくらましてしまう。壁や天井、機材、ダンボールなどに擬態するが、ソリッドアイやスレッドリングを使えば容易に発見できるはずだ。また、ナオミやMk-Uなどにも擬態するが当然偽者なので騙されずどんどん攻撃しよう。

攻撃チャンスは擬態中と、相手がP90で攻撃してきた直後となる。

ラフィング・ビューティー
オクトパスを倒すと強化服が剥がれ、中から一人の美女が現れる。これがオクトパスの真の姿である「ラフィング・ビューテイ」である。強化服が剥がれようとも、明らかな敵意を持ってスネークに接近してくるため油断しないこと。攻撃パターンは「抱きつき」のみであるが、抱きつかれると徐々にライフを削られてしまう為距離を置いて攻撃しよう。抱きつかれたら左スティックを素早く動かして抵抗し、△ボタンで投げ倒すことができる。

また、BB部隊は強化服がないと生きられない為、3分経過すると自然死する。
 





主な攻撃パターン
グレネードランチャー:空中に停滞し、グレネードを撃つ。壁を盾にするか横ローリングで回避。

滑空:壁を突き破り直線的に体当たりしてくる。3・4階のみで繰り出してくる攻撃なので、それ以外の階のみで戦うようにしよう。

つかみ攻撃:床に叩きつけたり、外に投げ飛ばす。左スティックを素早く動かして脱出すること。

レイブンとの戦闘は3〜5階で行われる。レイブンは最初、スライダーと共に建物の周囲を旋回しながらスネークを探している。ベースラインマップ上で一番気配が大きいのがレイブンであるが、スライダーのサーチライトに照らされると一斉に攻撃されるので、積極的にスライダーを破壊しよう。オートエイムで武器を連射すれば簡単に撃墜できる。

攻撃チャンスはレイブンがグレネードランチャーを撃つ時と、オーバーヒートに見舞われた時。
レイブンがグレネードを撃とうとして動きを止めた瞬間にFIM-92Aを撃ち込む。翼でガードされた時は即座にリロードし、翼を広げた瞬間にもう一発撃ち込む。そうすれば一方的に攻撃することも可能である。

また、レイブンはジェットエンジンのオーバーヒートを起こすことがあり、その場合スタングレネードを投げて一旦その場から立ち去る。こうなるとレーダーで位置を確認できなくなるが、最上階から周囲を見渡すと下の家屋の屋根の上で羽を休めている彼女を目視することができる。レイブンを確認したら即座に攻撃を見舞おう。

レイジング・ビューティー
ラフィング・ビューティーと同じ。




主な攻撃パターン
レールガン:外郭から身体をさらけ出しレールガンで狙撃してくる。この機会に素体に攻撃をヒットさせれば大ダメ   ージを与えられる。

体当たり:こちらに突進して体当たりを仕掛けてくる。踏みつけられそうになったら横ローリングで回避。

グレネード:走り回りながら腰のグレネードを投下する。投下前の腰のグレネードを撃てば自爆させられる。

非常に視界の悪い雪原での戦闘となる。狙撃が有効な手段となるので、狙撃系の武器で対処しよう。
ちなみにスタート地点の近くにある倉庫内でSVDを入手できる。ソリッドアイのNVモードをフル活用して戦闘に臨みたい。

まずはウルフを探し出すことから始める。非常に視界がわるく目視での発見は困難なのでソリッドアイのNVモードは必須。そしてウルフは護衛のヘイブン・トルーパーを引き連れているので、ヘイブン・トルーパーが進攻してくる方向にウルフもいるはずである。カモフラ率を高め、相手より先にウルフを発見しよう。
また、敵に発見されると寒さと相俟ってストレス値が急上昇し、気力ゲージが大幅に削られるので注意が必要。
その際はドラム缶やダンボールを被ってストレス値を下げよう。

接近戦を仕掛ける場合は、ソリッドアイのNVモードで地面に残されたウルフの四角い足跡を可視化し、それを辿っていく。ただし、自分が風上にいるときはこちらの臭いを察知され被発見率が高まるので注意すること。

クライング・ビューティ 
ラフィング・ビューティと同じ。




主な攻撃パターン 
ナイフ投げ:隠れた位置からナイフを投げてくる。連続して走るか横ローリングで回避。

突進ナイフ攻撃:スネークに向かって一直線に突進し、ナイフで斬りつける。横ローリングで回避。

飛びつきナイフ攻撃:スネークに飛びついてナイフで斬りかかる。横ローリングで回避。

俊敏な動きが特徴のヴァンプだが、大体の攻撃は横ローリングで回避可能。

更に攻撃チャンスも豊富にあるので、オートエイムや肩越しで武器を乱射しても容易にヒットさせられる。

但し、ヴァンプのライフを全て奪いダウンさせても、体内のナノマシンの働きによりすぐに復活を遂げるので、ヴァンプをダウンさせ起き上がった瞬間にCQCで拘束し、首に注射器を打ち込む。

注射器を打ち込むにはCQCで拘束後、注射器を装備した状態で△ボタンを押す。

そうすれば、ヴァンプに真のトドメを刺すことが可能になる。

はっきり言って登場ボス中最弱である。



主な攻撃パターン
機関砲:立ち止まって機関砲を連射する。RAYの正面にいなければ直撃は免れる。

ホーミングミサイル:誘導ミサイルを連続で発射する。弾速が遅いので30mm機関砲で迎撃可能。

水圧カッター:頭部を開き水圧カッターを放出する。サイドステップで回避。

RAYとの距離が遠いときは、30mm機関砲で頭部を狙って攻撃しよう。頭部に攻撃を当てるとRAYが怯んで無防備にさせやすい。また、RAYは攻撃後スキができるので、攻撃を回避した直後に反撃を試みると良い。

至近距離では蹴りを3段ヒットさせるか前ダッシュで体当たりしてRAYを転倒させる。更に転倒したRAYに接近して△ボタンを押せば、特殊アクションで追い討ちできる。

また、REXの対戦車ミサイルやレーザーはかなり有用なので、RAYがダウンしたときなどに積極的に活用すると良い。レーザーはヒットさせることでRAYを確実にダウンさせられる。



主な攻撃パターン
マンティス人形/ソロー人形:他者を操る亡霊を発射。亡霊は追尾性があるので引き付けてローリングで回避。

カランビット:連続でナイフを投げてくる。しゃがみかホフクの状態でいると容易に回避でき、反撃も狙える。

ゼロシフト/リーパー:瞬間移動から鎌で斬りつける。走るかローリングで回避する。連続で繰り出すこともあるので注意が必要。

自分に糸がついていると何をしてもマンティスに攻撃を避けられてしまうので、その時は自分に注射を打って糸を断ち切る。

またメリルが操られた状態のままだと厄介なので、メリルを麻酔銃かCQCの直投げで気絶させる。ヴァンプ戦と同じ要領で注射を打つと、長時間気絶させることができる。

次に、マンティスが大事そうに持っている両脇の人形に攻撃を加え、地面に落とした時にそれを武器として入手しよう。マンティスに拾われるより前に人形を入手すること。

人形を入手したら装備して、亡霊をマンティスに命中させる。あとは、L1ボタンを押しながらコントローラーを傾ければ、マンティスの気力と体力を奪い勝利できる。

スクリーミング・ビューティー
ラフィング・ビューティーと同じ。



よいよボス戦も最後となり、ラストに相応しいドラマチックな戦いとなる。
MGS1のラストを彷彿とさせるリキッドとの肉弾戦となり、4つのフェイズで戦いが進行する。
フェイズはリキッドの体力の減少に伴って切り替わる。

フェイズ1
ここでは積極的に攻撃を食らわそう。CQCはリキッドをダウンさせた後、起き上がりを狙って決めると良い。
リキッドにガードされた場合はこちらも即座にガードして反撃を防ぐ。CQCが決まった後にR1ボタンの長押しで首締めをし、O2ゲージを0にしてもなお続けることでライフを奪える。

フェイズ2
ここではリキッドの右強ストレートに注意する。ガードを固めた状態でリキッドに接近すると出してこないので、アッパーをガードした後に反撃すると良い。またリバーブローが決まり易いので、右強ストレートが出掛かった瞬間に攻撃を封じつつ、ダメージを与えることができる。

フェイズ3
この時のリキッドは腕を上下に構えてCQCの姿勢を取ることがある。この時は接近戦を仕掛けても返されてしまうので、後方ダッシュで距離を取りながら強ストレートで牽制していくといい。ガード後のストレート攻撃で反撃するのが吉。

フェイズ4
ここまで来ると、両者とも消耗しきって立っているのがやっとの状態になる。
スネークはスティックによる移動とR1による打撃しか出来なくなるので、リキッドに近づいて力の限り殴り続けよう。殴って殴って殴り続けることが唯一の攻略法となる。